簿記検定について

簿記検定

簿記とは、企業等で日々発生する経営活動を記録、計算、整理し、その企業の経営状況や財政状態を明らかにしておくための技能のことをいいます。簿記は、企業の規模を問わず経営活動をしているなら、必ず必要とされるものです。

簿記実務に特別資格が必要とされるわけではありません。簿記の知識さえあればできないことはないものです。しかし実際には、もし経理関係の職業を希望するなら、商工会議所が主催の簿記検定試験を受けて、資格を取得する方が断然有利です。企業としても、簿記は会社経営の生命線。簿記検定の資格の持つ人を経理部門に当然採用するからです。

簿記の知識、あるいは簿記検定の資格は、経理担当者だけに必要なものとは限りません。簿記を理解することによって、会計知識のみならず、財務諸表を読むことや経営管理・経営分析の基礎的なことも理解できます。コスト感覚も当然身に付けることができます。こういった利点は、全ての社会人にとって有益なものといえます。

簿記検定の資格は、公認会計士や税理士の国家資格を目指す人にとっては、必須の資格です。特に簿記検定の1級資格は、税理士試験の受験資格が与えられるというメリットがあります。

簿記検定のレベル

簿記検定(日商簿記検定)には、1級から4級まであります。4級から1級にかけて難易度が高くなります。

簿記検定の1級資格は、税理士、公認会計士などの国家試験の登竜門といえます。大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算並びに会計学を修得していることが必要となります。財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができるレベルです。合格者には、税理士試験の受験資格が与えられます。

簿記検定の2級資格は、高校程度の商業簿記および工業簿記を修得していることが必要となります。財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握でき、また相手の経営状況もわかるので、株式会社の経営管理に役立つレベルです。

簿記検定の3級資格は、財務担当者に必須の基本知識が身につけていることが必要です。商店、中小企業の経理事務に役立たせることができます。経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになります。営業、管理部門の人にも必要な知識として、近年評価する企業が増えています。

簿記検定の4級資格は、簿記入門編といえます。小規模小売店の経理に役立つレベルで、勘定科目に仕訳でき、複式簿記の仕組みを理解している必要があります。