新時代のPC資格

パソコン関係の資格

パソコン関係の資格は、近年の人気の高まりもあり、さまざまな新しいものも誕生しています。

伝統的なパソコン資格としては、パソコン検定試験。通称P検と呼ばれ、総合的なパソコンに関する能力を測るものです。

また、日本語文書処理技能検定(ワープロ技能検定)も古くからあるスタンダードなものの一つです。

一方、比較的新しいパソコン関係の資格試験で、最近人気のものに、ベンダー(販売店、ソフトの売り手)が認定する資格試験があります。

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)や、Microsoft Certified Professional(MCP資格制度)がそれに当たり、事務作業における即戦力を求める企業からの評価やニーズも高まっています。

情報処理関係の資格では、国家資格であるシスアド(システムアドミニストレータ)、システムアナリスト、基本情報技術者、プロジェクトマネージャ等々が有名どころです。

これらの中には、合格率が低く難関となっているものも多くあります。

また、社会的ニーズに伴い、最近では、情報セキュリティアドミニストレータ等の、パソコンのセキュリティ関係の資格にも人気が集まっています。

J検(情報処理活用能力検定)は、公的資格ですが、文部科学省認定のメジャーな資格の一つです。国家資格に比べて合格率は比較的高いので、受験しやすい資格とも言えます。

「パソコン関係の資格」とひとことで言っても、パソコンのソフトをいかにうまく繰れるかといったものから、プログラマー的な資格まで、それこそピンからキリまであります。

就きたい職業や極めたい分野を選定して、目的にあった資格を取得することが大切です。

情報技術関係の国家資格は難関

パソコン関係の資格とひとことで言っても、アプリケーションの操作法のスキルを問うものから、プログラマーやシステム管理者的な資格まで、さまざまです。

難関と言われるのは、情報技術(IT)関係の国家資格。

シスアド、システムアナリスト、基本情報技術者、プロジェクトマネージャ、情報セキュリティアドミニストレータ等々は有名どころで、合格率が1ケタのような難関資格となっているものも少なくありません。

ソフト関係の資格では、ベンダーが認定する民間資格が、最近注目されています。Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)や、Microsoft Certified Professional(MCP)は、近年特に、即戦力を求める企業からの評価が高まっています。

また、パソコン関係で歴史ある資格としては、J検(情報処理活用能力検定)やP検(パソコン検定)などもあります。

いずれにしても、パソコン関係の資格を選ぶ際には、一時の流行に惑わされず、自分の希望する進路や資格取得の目的を考えて選びたいものです。