ワープロ検定について

ワープロ検定とは

ワープロ検定とは、日本語ワープロを正しく効率的に使って日本語文書処理を行うための知識・スキルを測定する検定試験で、正式名称は「日本語ワープロ検定試験」。

ワープロ検定には、年齢制限や受験資格はありません。ワープロ検定は、初段・1級・準1級・2級・準2級・3級・4級の7段階。もちろん初段が一番難易度が高く、入力速度だけとっても10分間に800字以上(一般現代文)が要求されます。

ワープロ検定の合格率は各級とも50パーセントほどとなっています。

ワープロ検定は資格試験ではないので、合格したからといって、直接就職にはつながるわけではありませんが、就職・転職に有利に働くことはたしかにあるので、ワープロ検定に合格しておいて損はないでしょう。

ワープロ検定の受験

ワープロ検定は、正式には「日本語ワープロ検定試験」といい、主催者は「日本情報処理検定協会」です。

ワープロ検定は、資格試験ではなく能力認定試験です。そのため、ワープロ検定に合格したからといって、直接就職に結びつくわけではありませんが、就職・転職の際、雇用主にワープロ技能を具体的に示すことができるため、採用の決め手となることが期待されます。

ワープロ検定の試験内容は、各級(初段〜4級)とも、入力速度と文書作成能力の判定からなっています。当然のことながら、級が上がるごとに難易度は高くなり、それだけ就職の際に有利になります。

ワープロ検定合格の決め手は、何と言ってもワープロに慣れること。ワープロ検定を受験するなら、日頃からワープロに親しんでおきたいものです。