語学の資格の特徴

語学関係の資格試験について

語学関係の中でも、英語の資格試験等で有名なものには3つあります。

まず、TOEIC(トーイック)。

これは、資格試験ではなく、英語によるコミュニケーション能力を測るテストです。合否ではなく、語学力がスコアで評価されます。

多くの企業や官公庁等で、昇進・昇格・人事面等において利用されており、700程度のスコアがあると、就職等にも有利だと言われています。

語学資格で有名なものとして、次に挙げられるのが英検(実用英語技能検定試験)です。

これは、名前のとおり、実用英語のスキルを判定する試験で、1級から5級まであります。社会的に評価されるのは、2級以上でしょう。

もう一つの有名な語学試験がTOEFL(トーフル)です。

これは、英語が母国語でない人が、海外留学して学ぶ際に、現地での英語の授業を受けられるだけの語学力があるかどうかを判定するテストです。これも、TOEIC同様、資格試験ではないので、合否ではなくスコアで評価されます。留学生として入学許可される目安としては、210点程度だと言われています。

語学の中でも英語の資格は、外資系企業のみならず、幅広い分野の職場で評価される資格です。

興味のある方は、キャリアップ、スキルアップのためにも、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

語学の資格試験

語学関係の資格試験やテストといえば、TOEIC、TOEFL、実用英語技能検定(英検)などが有名です。

分類上からすると、TOEICやTOEFLは、非常にスタンダードで社会的評価が高い語学試験の割に、民間資格となっています。

語学関係の民間資格には、他にも、中国語、ドイツ語、ロシア語、タイ語やインドネシア語等々、さまざまなものがあります。

一方、英検や実用フランス語技能検定、フランス語能力認定試験、スペイン語技能検定は公的資格です。

また、語学関係で唯一の国家資格ながら、受験者も少なくマイナーなのが、「通訳案内士(ガイド)試験」。

これは、通常の語学力に加えて、日本の地理や歴史、産業等に関する幅広い知識が求められる、特色ある資格試験です。

一般企業でニーズが高いのは、やはり、TOEICと英検でしょう。特にTOEICは、多くの企業や官公庁等で、昇進・昇格・人事等を決める際に利用されており、700程度のスコアがあると、就職・転職にも有利だと言われています。

同じ英語関係の資格やテストであっても、その評価は、職場のニーズや目的によって異なります。

自分に必要な資格を見極めて、目的に応じた資格を選ぶようにしましょう。