社会保険労務士

社会保険労務士とは

社会保険労務士は厚生労働大臣が実施する試験を受けて合格した国家資格者です。社会保険労務士になるには社会保険労務士法に基づいた試験に合格することですが、合格率は10%程度とやや狭き門です。

社会保険労務士の仕事においては、50種類以上もの労働社会保険関係の法令に精通していなくてはなりません。法令に基づいた書類の作成・提出代行や、人事・労務管理面でのコンサルタントなどの仕事があり、企業にとっては社会保険労務士は心強いエキスパートなのです。現在の日本は高齢社会に伴って雇用形態も変わりつつあります。また年金制度の変化にも対応していかねばなりません。そういう意味で、社会保険労務士のニーズは今後高くなっていくと思われます。

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の仕事は、労働社会保険に関する行政機関への提出書類を依頼者に代わって作成・代行します。また人事・労務に関する相談・指導・企画など、専門的知識を用いて企業に応じたアドバイスをしていきます。社会保険労務士はコンサルタントとして法的に認められている国家資格の職業で、独立開業も可能です。

社会保険労務士は、国民が社会保障制度を満足に受けられるためのアドバイザーであることが求められます。日本は1人1人が健康で経済的にも安定した生活を送るために、労働基準法、労働安全衛生法、雇用保険法、男女雇用機会均等法等、50種類以上の法律が制定されています。こういった保証をきちんと受けることができるためにも、社会保険労務士のニーズは高まっています。

社会保険労務士は法律で守秘義務が課せられています。つまり医者と同じで個人情報は漏らしてはいけないことになっています。よって企業との信頼関係も重要なのです。