司法書士について

司法書士とは

司法書士とは、司法書士法に定められている国家資格です。司法書士の主な仕事は、登記申請の代理業務です。不動産の売買や不動産に抵当権を設定した場合など、不動産登記申請が必要となってきます。また、会社を設立した時は商業登記申請が必要です。司法書士は、こういった様々な登記申請の代理業務をします。

司法書士は、訴訟代理業務も行えます。ただし、法務大臣の認定のある司法書士で、簡易裁判所に限りとの限定つきです。しかし訴訟代理ができなくても、裁判所に提出する書面の作成は、司法書士でも代理作成できます。

最近では、クレジットローンなどの多重債務の問題を抱える人が増えています。そういった人たちからの相談にのるなど、司法書士は身近な法律の専門家として、活躍の場は多岐にわたります。

司法書士は、司法試験や公認会計士の試験に比べれば、難易度が落ちますが、それでも取得するには難関の資格です。

司法書士の資格を持てば、就職や独立するにも大変有利といえるでしょう。

司法書士試験

司法書士の資格を得るためには、司法書士試験に合格する必要があります。

司法書士試験の受験資格は特になく、誰でも受験できます。司法書士試験の筆記試験は7月に行われ、試験科目は、

(1)憲法、民法、商法及び刑法

(2)不動産登記及び商業登記に関する知識

(3)供託ならびに民事訴訟、民事執行、民事保全に関する知識

(4)その他司法書士の業務を行うのに必要な知識

となっています。試験は(1)(3)(4)については択一式のみ、(2)については、択一式及び記述式です。

司法書士試験の口述試験は、筆記試験に合格した者(及び筆記試験免除者)が受験できます。筆記試験合格した者が口述試験に不合格だった時は、翌年の筆記試験は免除されて、口述試験だけを受けることになります。口述試験は10月に行われ、試験科目は筆記試験と同じです。

司法書士試験の合格率は、毎年3%未満と大変難関な試験です。司法書士の資格を取得したい人は、効率よく勉強して試験に備えたいものですね。