税理士の役割り

税理士とは

税理士とは、税理士法に定められる国家資格で、税務の専門家です。

税理士になるためには、まず税理士試験に合格して税理士の資格を取得する必要があります。その後税理士名簿に登録、税理士事務所所在地の税理士会に入会して、税理士としての仕事ができるようになります。

税理士は、税金関係のプロフェッショナルとして、納税者からの求めに応じて様々な仕事があります。

税理士は、税務署などに対して、納税者が税額計算や税申告、不服申し立てなどをする際の税務書類を作成することができます。またその際に、納税者の代理をしてあげることができます。

また税務署が納税者に対して税務調査をする際に、税理士はその場に立ち会って納税者に代わって答弁・陳述したりすることができます。

税理士は、納税者からの税金に関する疑問や相談に応じることも重要な仕事です。また税金に限らず、広く企業経営の相談をされることもあります。

また税理士は、税理士業務に付随して、決算書などの財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行その他の会計業務もできます。

税理士試験

税理士は、国家資格のひとつです。税理士になるには、まず税理士試験に合格して、税理士の資格を取得する必要があります。

税理士試験には、受験資格があります。法学部や経済学部を卒業した者等の「学識によるもの」、簿記検定1級資格のある者等の「資格によるもの」、弁理士、司法書士、行政書士等の「職歴によるもの」(業務従事3年以上)、その他の個別認定とあり、このいずれかの受験資格を満たしている者が、税理士試験を受けられます。

税理士試験の試験科目は11科目あり、その中から必須科目を満たした5科目を選択します。簿記論・財務諸表論が必須。所得税法・法人税法のどちらか必須。その他相続税法、消費税法、酒税法、国税徴収法、住民税、事業税、固定資産税から選択となります。

税理士試験においては、科目合格制度という他の国家資格試験には見られない制度があります。一つの試験科目に合格すれば、その合格は一生有効という扱いですので、1年に5科目全部を合格しなくてもよいわけです。

税理士試験の合格率は、平成17年度試験で、合格者が1.9%、1科目合格者が15.4%、合計17.3%となっています。