公認会計士について

公認会計士とは

公認会計士といえば、なんかとっても難しい国家資格という印象があります。この印象は正しく、公認会計士は会計系資格の最高峰の国家資格といわれています。

公認会計士は、公認会計士法により、その資格が認められた専門的な職業であり、会計・監査のスペシャリストといえます。

公認会計士は、会計の専門家として、会計に関する調査や助言などの会計業務や経営コンサルティング業務(MSA)などを行います。また利害関係のない第三者として(監査法人)、企業の会計監査業務を行います。

公認会計士は、税理士会に登録することにより、税理士の業務も行えます。

公認会計士は難関の資格なだけに、それを得ると、就職においてはもちろん有利になり、独立・開業を目指す方にも申し分のない資格といえます。

公認会計士試験

公認会計士になるには、公認会計士試験に合格し、公認会計士としての資格を取得をしなくてはなりません。

公認会計士の短答式試験は、誰でも受けることができます。この短答式試験に合格すれば、その後の論文試験に落ちたとしても、翌年から2年間、短答式試験が免除されます。

試験科目は、財務会計論、管理会計論等の4科目。さらに、司法試験2次試験合格者など一定の要件を満たしている人は、この4科目のうちいくつか(あるいは全部)が免除されます。

公認会計士の論文式試験は、短答式試験の合格者(もしくは免除者)が受けることができます。試験科目は、会計学(財務、管理)、監査論、企業法、租税法、選択科目の6科目。全ての試験科目の評価が合格基準を満たしていなくても、科目免除基準を超えていれば、その科目については2年間免除されます。

短答式と同様、一定の要件を満たしている人は、論文式試験科目6科目のうちいくつかの科目が免除されます。

この論文試験に合格して、公認会計士試験に合格したことになります。その後、業務補助(2年以上の実務経験)、実務補修(規定の単位取得)、統一考査を経て終了。ここに至って、やっと公認会計士登録がなされることになります。