不動産関連の資格

不動産関係の資格試験

不動産関係の資格試験には、どんなものがあるのでしょうか?

まず、独立開業できる国家資格としては、建築士、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者(宅建)、土地家屋調査士などがあります。

マンション管理士や管理業務主任者、土地改良換地士、測量士なども、不動産関係の国家試験の一つです。公的資格としては、ビル経営管理士などもあります。

星の数ほどある資格の中でも、不動産鑑定士の試験の難易度は高く、難関の司法試験や公認会計士試験と並んで「三大国家試験」と評されています。

不動産業界は、その時代の景気や政治・経済の流れで、大きく変わる業界だからこそ、国から職業的な地位を保障されている国家資格や、社会的な信用度の高い資格は、取っておくと良いでしょう。

不動産関係の仕事に就くなら絶対に取っておきたい宅建の資格試験は、合格率は20パーセント前後。

若いうちにチャレンジして、取得しておきたいものです。

不動産関係の資格試験について

不動産関係の国家資格には、建築士、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者(宅建)、土地家屋調査士、マンション管理士や管理業務主任者、測量士などがあります。

その中でも、不動産鑑定士の試験は狭き門で、司法試験や公認会計士試験と並んで"3大国家試験"とも呼ばれています。

また、不動産関係の仕事に就くなら、ぜひ取っておきたいのが宅建です。人気の高い資格の一つで、試験の合格率は2割弱となっています。

この資格があれば、煩雑な不動産の契約業務を、一人で行うことも可能です。

他にも、不動産・建築関係には、さまざまな国家資格があります。

変動の激しい業界だからこそ、実務に欠かせない、有用な資格を取得しておきたいものです。