CADの資格

CADの試験

CADとは「Computer Aided Design(コンピュータ エイテッド デザイン/コンピュータ支援設計)」の略で、コンピュータを用いて自動車や機械、建築物などの設計・製図を行うシステムを指します。

CADは近年では、CADソフトウェアやコンピュータ本体の進化に伴い、実務経験がなくとも習得できる技術・技能となり、その技能試験も実施されています。そして企業などの側でも、CAD技術者を必要としています。

CADに関連した試験で最も認知度が高いものに「CAD利用技術者試験」があります。特にCAD利用技術者の1級に合格している場合、就職や転職に有利に働くことも多いようです。

CADの種類

CADとは、コンピュータを用いた製図システム、もしくはコンピュータを用いて設計することを指します。

CADの分野・種類としては、主に次のようなものがあります。

・機械用CAD
・建築用CAD
・建築設備用CAD
・土木用CAD
・電気用CAD
・回路用CAD
・基板用CAD
・半導体回路分野(Electronic Design Automation)

CADはこれ以外にも、熱解析用、電磁波解析用、服飾デザイン、配管、橋梁などの分野において、それぞれ専用のものがあります。

CADの関連試験には様々なものがありますが、最も認知度が高い「CAD利用技術者試験」に合格していると(特に1級)、就職・転職に何かと有利です。