電気工事士

電気工事士試験

資格試験の中で、電気工事関係の技術的な資格試験といえば、電気工事士試験です。

電気工事士とは、電気工事士法により定められた資格です。電気工事は、工事のミスによって感電事故や火災事故が起きかねないものです。それらを防ぐために、工事の内容によって電気工事士の資格のある者しか作業できないと法令では定められています。

電気工事士には、第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。その他に認定電気工事従事者といった資格もあります。

第二種電気工事士は、一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の電気工事ができます。第一種電気工事士は、第二種電気工事士の範囲プラス500キロワット未満の需要設備の電気工事ができます。

第一種・第二種電気工事士の資格を取得するには、それぞれの試験に合格する必要がありますが、試験に合格して終わりではありません。第一種電気工事士は、実務経験5年以上(電気関係課程大卒者は3年以上)で免状申請することにより、また第二種電気工事士は、免状申請することにより、それぞれの免状が交付されることになります。

電気工事士試験

電気工事士の資格を取得するには、電気工事士試験に合格しなければなりません。電気工事士には、第一種と第二種とありますが、どちらの試験も受験資格は特にありません。

第一種電気工事士の免状が交付されるのに実務経験年数が必要とされ、その実務経験を積むためには、第二種電気工事の免状を取得している必要があります。よって、第二種電気工事士試験を先に受験する方がいいでしょう。

第二種電気工事士試験は、筆記試験と技能試験があります。技能試験を受けるには、筆記試験に合格する必要がありますが、筆記試験免除される場合があります。それは前年度の筆記試験に合格した者、高校・高専・大学で電気工学課程を修めて卒業した者等です。

学科試験の試験科目は、

・電気に関する基礎理論

・配電理論及び配線設計

・電気機器、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具

・電気工事の施工方法

・配線図

・一般用電気工作物の検査方法

・一般用電気工作物の保安に関する法令

となっています。出題方式はマークシートです。

技能試験は、材料選別試験と単位作業試験とあります。単位作業試験では、問題として出された配線図から、持参した工具と与えられた材料で実際に作業(作成)します。