医療現場の資格について

医療関係の資格試験

医療系の資格試験は、人気が高い分野のため、多くの人が受験します。

医療系の資格試験にはどんなものがあるのでしょうか?

医師、薬剤師、保健師、看護師、救急救命士、歯科衛生士などは、スタンダードな医療系の国家資格です。

他にも、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師等々と、資格の種類は多岐に渡ります。

栄養士については、資格試験がなく、指定された学校を卒業すると、自動的に免許が与えられますが、医療系の主な資格は概ね、国家試験を受験する必要のあるものが多くなっています。

そのため、まずは、国が指定した養成機関に入学することが、受験資格を得る早道となっていると言えるでしょう。

養成機関には、大学や短大、専門学校等などがあります。学科によっては、入学試験がかなりの高倍率になるところもあります。

医療系の資格試験について

医療系の資格試験は、医師、薬剤師、保健師、看護師、救急救命士、歯科衛生士など、おおむね、国家試験であるものが多くなっています。

国が指定した養成機関(大学・短大・専門学校等の専門学科)を卒業すると受験資格を得ることができるというものが多いため、養成機関の入学試験の倍率は高い傾向があります。

医療系の資格試験の合格率自体は、看護師、歯科衛生士、理学療法士、助産士等々は90パーセント前後。

養成学校さえ卒業すれば、資格試験自体は、比較的合格しやすいとも言えるでしょう。

福祉に対する社会的関心の高まりや、高齢化社会に伴うニーズの増加などで、医療系の資格は、今後も人気が継続するものと思われます。