医師免許の実際

医師免許について

医師免許とは、医師国家試験に合格して医籍登録した者に与えられる免許です。医師免許を与えるのは厚生労働大臣です。

医師免許は、有効期限や更新制度はなく、一度取得すれば生涯有効なものです。医師に定年制もありません。もちろん医療過誤や医師の犯罪等で、医師免許が剥奪される場合はあります。

医師免許は、診療科ごとに与えられるものではなく、医師免許があれば全ての診療科目についての医療行為が可能となっています。現在、病院に行くと医師の肩書きとして「○○学会認定専門医」とあるのを見かけますが、これは肩書きにすぎず、そういった専門医でなくても、診療行為を行うことは可能です。

医師免許は、医師国家試験に合格することで取得できますが、医師国家試験は大学の医学部もしくは医大において6年学び、医学学士を取得する(卒業する)ことが、受験資格となります。

医師免許について

医師免許は、大学の医学部もしくは医大6年間を修了・卒業(卒業試験に合格)し、医師国家試験を受験・合格することで取得できる免許(資格)です。

医師国家試験は毎年2月に行われ、3月に合格発表、合格者は保健所に申請することで医師免許を交付してもらえます。

日本の医師免許は、日本国内でのみ有効です。日本において医師免許があったとしても、アメリカで医師を開業したいならばアメリカの医師免許を取得する必要があります。

外国で医師免許を取得している場合、日本の医師国家試験の受験資格があるかどうかについては、厚生労働省に確認する必要があります。事情によって本試験受験可、予備試験から受験可、受験資格なしと判断されることになります。

医師免許取得後、2年間の臨床研修が義務づけられています。臨床に関わる医師は、大学病院等の研修指定病院で研修をしなければなりません。研修先の診療科は、内科、外科、麻酔科、産婦人科、小児科、精神科等です。