動物看護師とは

動物看護師について

動物看護師とは、いわゆる「動物の看護師さん」です。動物看護師は、獣医師の直接指導のもとに傷病動物の看護・動物診療の補助・保険衛生指導を行う職業と、日本小動物医師会では定義しています。

動物看護師は、AHT(animal health technician/アニマル・ヘルス・テクニシャン)、VT(veterinary technician/ベティナリ−・テクニシャン)とも呼ばれます。

動物看護師は、獣医師の良きスタッフかつ患者(動物)家族の良き助言者であり、獣医療の知識のみならず、生命倫理・動物愛護精神が必要とされます。

動物看護師には国家資格はなく、専門学校によってそれぞれカリキュラムが組まれており、その学校や任意団体から付与される資格があります。

動物看護師とは

動物看護師とは、獣医師とともに、獣医師の指示の下、傷病動物の看護、健康回復・増進のために様々な援助を専門的に行う職業です。

動物看護師の資格は、国家資格や公的資格ではなく、任意団体等の独自の資格があるだけです。

資格がなくても動物看護師になれますが、資格を取得するならば、概ね専門学校で2〜3年程度の課程を修了し、各団体の資格試験を受験するという流れになるでしょう。

たとえば、日本動物看護学会が実施している「動物看護師」の受験資格は、高卒以上で、

○動物看護専門教育機関において2年以上の専門教育課程を修了した者(修了見込みの者)。

○上記に相当すると日本動物看護学会が認める者。

○動物看護に関わる実務期間(就業年数)を4年間以上有する者。

となっています。