理学療法士

理学療法士とは

理学療法士(Physical Therapis;略語はPT)とは、医師の指導のもとに、病気や事故などによって障害を負った人の社会復帰を目的に、筋力を増強させる運動療法や温熱・電気などを使った物理療法といった、身体的なリハビリテーションを行う国家資格の医療専門家です。

理学療法士が働く場所は、医療機関である病院、リハビリテーションセンターや福祉施設である特別養護老人ホーム、老人福祉センター、児童福祉施設、また行政関係施設である保健所などです。他にスポーツ関係などの健康産業で働く場合もありますが、医療関係で働く理学療法士が圧倒的に多いです。

理学療法士になるためには、指定された養成校に入学して専門知識や技能を修得したのち、卒業し国家試験に合格しなければなりません。試験科目は9科目。筆記試験で、一般と実地の2区分で行われますが、視覚障害者用に実地に代えて口述試験と実技試験が準備されています。合格率は95%以上と高めです。

理学療法士になるには

理学療法士になるには、指定の学校または養成施設で3年以上学び、卒業して国家試験に合格する必要があります。専門で学び受験するため、合格率は9割以上と高いです。養成校は、4年制の大学、そして3年制の短期大学と専門学校があります。

理学療法士の養成校では解剖・生理学をはじめ、リハビリテーション医学、運動学、臨床心理学等を学び、実習を通して必要な技能を身に付けていきます。最終学年では秋頃から3月の国家試験に向けての受験対策の勉強が主になります。

理学療法士は病気や事故のために不自由になった人の残っている運動機能を高めるために運動療法や物理療法などを行う専門職です。つまり、理学療法士は個人の社会復帰を手伝う仕事なので、とてもやりがいのある資格と言えます。