作業療法士について

作業療法士とは

作業療法士(Occupational Therapy;略名OT)とは、医師の指導のもと、日常生活を送る事が困難な体や心に障害を持つ人に対して、福祉用具を選んだり、訪問リハビリテーションを行う国家資格を持った専門家のことをいいます。

作業療法士の資格を得るためには指定の養成校を卒業して国家試験に合格しなければなりません。養成校は3〜4年制です。試験科目は8科目。筆記試験で,一般問題及び実地問題に区分されます。また作業療法士の試験は、視覚障害者に対して弱視用試験問題による受験が可能であるといった配慮がされているのが特徴です。試験は毎年3月はじめに行われます。専門的に学校で勉強、受験するため合格率は9割以上と高めです。

作業療法士になるためには

作業療法士になるためにはどうしたらいいか。まずは指定の養成校に入学する必要がある。各養成校は3〜4年制。養成校で作業療法士になるために組まれたカリキュラムで学習し、卒業と同時に得られる受験資格をもってはじめて国家試験が受けられる。もちろん、国家試験に合格しないと作業療法士の資格はもらえない。試験対策がきちんとできればほぼ合格できる。

作業療法士は、体や心に障害のある人を対象としている。こういう人たちに対して、例えば食事をする、入浴するといった日常生活動作をはじめ、手工芸、絵画、陶芸、織物などを通して社会的適応能力や応用動作能力を回復させていく仕事である。意欲を持たせていくという意味では、心理的側面でのアプローチが強い職種でもある。つまり、作業療法士自身のやる気と根性も必要ということだ。