歯科衛生士について

歯科衛生士とは

歯科衛生士とは、歯科医師の指導のもと、歯科診療の補助、歯科予防処置、歯科保健指導の3つを行う、国家資格の職種です。具体的には歯石・歯垢を除去したり、歯槽膿漏の予防などといった歯のケアや正しいブラッシングの仕方の指導といった、歯のプラークコントロールを担当する他、歯科医の診察時の援助、また受付業務やカルテ整理なども担当することもあります。

歯科衛生士になるには文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校または厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所で専門を学び、卒業することで受験資格が得られます。国家試験に向けての対策が各学校で行われているので、合格率は90%以上とかなり高いです。

歯科衛生士の資格

歯科衛生士の資格を取るためには、歯科衛生士学校または歯科衛生士養成所で学んで卒業し、国家試験を受けなければなりません。各学校・養成所では医学としての専門知識である解剖・生理学や口腔衛生学、また虫歯予防処置等を学びます。最終学年の秋から試験対策の勉強が始まり、3月の試験に向けての国試対策がなされます。国家試験の合格率は90%以上です。

歯科衛生士は、歯科医師の指導のもとで、診療時の歯科医師の補助や歯垢・歯石をとったり歯磨きのブラッシング指導など口腔ケアの予防をしていく大切な仕事です。歯周病になる人は年齢とともに増加していくものなので、歯周病予防のスペシャリストとして期待される仕事といえるでしょう。