カウンセラー関連の資格

カウンセラーの資格

カウンセラーとは、何らかの心の問題をかかえた人の相談を受け、それに対して適切な援助をする人のことをいいます。カウンセラーが活躍する場所は、学校や職場をはじめ、医療・社会福祉施設など様々。よってカウンセラーが活躍する場所に応じて、より専門的な知識も必要とされます。現在の日本はストレス社会。カウンセラーは今後もより多くの人から求められる資格だと思います。

カウンセラーの資格としては公的なものは今のところ、国家資格の精神保健福祉士のみで、あとは心理カウンセラー、産業カウンセラー、教育カウンセラーや、交流分析士、音楽療法士といった民間の資格や認定となります。各民間団体の講座を受講して資格・認定を得ることができます。

カウンセラーの資格を得るには

カウンセラーは、心の悩みを持つ人の相談を受け、時には助言、時には援助していく人のことをいいます。今の日本はストレスが多い社会といわれています。うつ病を抱えている人も多く、職場をはじめ、学校でも、医療機関や社会福祉施設等、あらゆる場面で、カウンセラーが必要とされてきています。

カウンセラーの資格を得るためには、民間の各団体によって様々。資格は民間の資格や認定です。例えば産業カウンセラーは職場で働く人を対象として相談援助していく資格です。産業カウンセラーとなるためには、日本産業カウンセラー協会が主体の講座を受けて試験を受ける必要があり、初級、中級、上級と3つにわかれています。

カウンセラーの資格を得るためには、まず自分がどの方面でカウンセラーとしてやっていきたいのかを決めて、それにあった各種団体の講座を受けるのがよいです。