医療事務の資格

医療事務資格試験

医療事務資格があると、病院で医療費の請求である診療報酬明細書(レセプト)の作成や受付・助手業務といった仕事ができます。資格がなくてもできなくはないですが、採用する側としては資格のある人、経験のある人を取りたいと思っているので、医療事務の資格を取得する人は増えています。

医療事務資格試験は民間の資格ですが、大きく分けると、各団体が主催する「検定試験」と財団法人主催の「認定試験」の2つがあります。更にいうと、報酬請求事務能力認定試験、医療秘書技能検定、医事コンピュータ技能検定など10種類以上の資格試験があります。

医療事務資格を取得するためには、各認定団体が実施する講座を受講したり、専門のスクールに通って勉強してから試験に臨むほうが資格を取得しやすいです。

医療事務資格試験とは

医療事務資格試験とは、主には病院等でレセプト作成業務ですが、現在は患者と接する受付窓口業務なども担当するようになってきています。医療事務を行うにあたり、必ずしも資格が必要というわけではないのですが、現状としては資格があったほうが就職は有利のようです。

医療事務資格試験は一つだけかと思っていたらそうではないのです。検定試験と認定試験があり、10種類以上があります。各団体が主催の試験であり民間資格なので、どの資格を取るかは、受講したスクールや講座によって違ってきます。資料を見比べて、自分が取りたい資格を選んでください。

医療事務資格試験の中で認知度が高いのは、診療報酬請求事務能力認定試験です。全国一斉の統一試験であり、だれでも受験可能。試験は年2回行われ、医科と歯科に分け、それぞれ学科試験と実技試験が実施されます。合格率は40%弱です。