福祉関連の資格

福祉関係の資格試験

福祉関係の資格は、近年、人気が高まってきています。高齢化社会にともない、求人状況が安定していること、やりがいのある仕事であることなどが理由の一つでしょう。

主な資格には、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士などがあり、この3つはいずれも国家資格です。

社会福祉士の国家試験の受験資格は、福祉系の大学で指定された科目を修めるか、実務経験を積んだうえで養成機関を卒業すると得ることができます。

介護福祉士については、指定された養成施設を卒業すると、無試験で資格を得ることができます。

福祉関係の職業と言っても、介護職員や指導員、作業員、事務員などは、必ずしも資格取得の必要はありませんが、就職の際は、資格を取得している方が有利と言えるでしょう。

その他の福祉関係の資格には、介護支援専門員(ケアマネージャー)、介護アテンドサービス士、福祉住環境コーディネーター、介護食士、痴呆ケア専門士等、民間・公的資格含めて、さまざまなものがあります。

中でも、ホームヘルパーは、養成学校や講習会で過程を修めると取得できる、公的資格の一種です。試験はありません。比較的手軽に取得でき、ニーズも高いため、人気は高まってきています。

福祉に関する資格試験

福祉関係の資格には、さまざまなものがあります。

社会福祉士(ソーシャルワーカー)は、福祉に関する相談に乗り、必要な援助・指導を行うスペシャリスト。人気と信頼のある国家資格の一つです。

介護福祉士(ケアワーカー)は、介護が必要な人に対して、入浴や排泄、食事などの生活上必要な介護を行う専門職で、これも、国家資格となっています。

介護福祉士については、指定された養成施設を卒業すると、無試験で資格を得ることができます。

福祉関係の資格には、他にも、精神保健福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)等々、国家資格から民間資格までいろいろあります。

福祉系の仕事は、無資格で就ける職業もありますが、やはり資格を取っておいたほうが有利。最近は、資格取得が条件になっている求人も増えてきています。

資格試験突破のためには、福祉系の大学を卒業することが早道ですが、ホームヘルパーなどのように試験を必要としないものや、実務経験を経て国家試験を受けられる道が開かれているものなどもあります。

何の職種を目指すのかをよく検討したうえで、自分に合ったルートで、必要な資格を取得しましょう。