介護福祉士について

介護福祉士国家試験

介護福祉士の資格を得るためには国家試験を受験して合格しなければなりません。受験資格は、福祉系高等学校卒業(見込み含む)しているか、実務経験で3年以上の者となっています。試験は筆記と実技があり、筆記試験が合格してから実技試験となります。合格率は50%と、やや難関です。

試験科目は13科目。実技試験では介護に関する専門技能が問われます。場合によっては実技試験が免除となることもあります。

介護福祉士は、介護の中では唯一の国家資格であり、1987年制定の『社会福祉士及び介護福祉士法』によって定められました。介護福祉士は介護の必要なお年寄りや障害者の生活全般にわたって介護を行い、また介護者に対する指導もしていきます。

介護福祉士国家試験とは

介護福祉士国家試験とは『社会福祉士及び介護福祉士法』によって定められた、介護の中でも唯一の国家資格を得るための試験である。合格率は50%程度だ。

試験は筆記試験と実技試験にわかれる。筆記試験は毎年1月下旬頃実施されている。試験内容は社会福祉概論、老人福祉論、社会福祉援助技術等、合計12科目群からの構成だ。五肢択一のマークシート方式で出題数は120問。ただ、科目によっては一問一答問題がある。

試験に合格するためには問題の総得点の60%程度を基準とされており、12科目群すべてにおいて得点がないといけないらしい。つまり、苦手なところがまったくできなかった、というのはいけないのだ。何事もまんべんなくできているのが望ましいといったところか。

介護福祉士の筆記試験が合格したら、次は実技試験だ。実技試験は3月上旬頃実施され、介護に関する専門技能の中から一課題として出題される。これも合格基準は総得点の60%程度とされている。