介護福祉士の専門学校

介護福祉士の専門学校

介護福祉士とは、お年寄りや体の不自由な方の食事や入浴などの介護をする専門家として国が認めた国家資格の名称です。

介護福祉士になるためには、介護に必要な専門的知識や技術を学ぶ必要があります。また人相手の仕事ですから、コミュニケーション能力や豊かな人間性、介護者の生活全体を様々な観点からとらえる能力などが必要になってきます。

介護福祉士になるための一番の近道は、専門学校で学ぶことでしょう。専門学校においては、介護福祉士の資格を取得するために必要な知識等を計画的に学べます。

厚生労働大臣が指定した養成施設(専門学校等)であれば、そこを卒業することで国家試験を受けなくても介護福祉士登録簿に登録される=介護福祉士の資格を取得することができます。介護福祉士を目指す方は、専門学校に行くことを検討する価値はあるでしょう。

介護福祉士の専門学校

介護福祉士とは、介護従事者かつ専門家で、国家資格です。介護福祉士の資格を得るには、大きく二つの方法があります。

一つは、厚生労働大臣が指定した養成施設である専門学校や大学、短大などで学び卒業することで、介護福祉士の資格を取得する方法です。二つ目は、3年以上介護等の業務に従事した者が介護福祉士国家試験に合格して資格を取得する方法です。

どちらの方法でも介護福祉士の資格を取得できるわけですが、専門学校等に通って学んで卒業して資格を得る方法は、もっともスムーズではないかと思われます。働いている人には夜間の専門学校もあります。

専門学校には通信講座という制度があるものですが、介護福祉士という仕事柄、当然実習が必要となるため通信講座は認められていません。しかし、一部通信教育講座を受講修了することで、介護福祉士国家試験の受験資格を得られる専門学校もあります。