社会福祉士について

社会福祉士国家試験

社会福祉士になるためには毎年1回1月下旬頃実施される社会福祉士国家試験を受験して合格しなければなりません。

試験を受けるための受験資格は、コースはいろいろありますが、福祉系の4年制大学を卒業(見込み含む)、もしくは3年制(又は2年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業(見込み含む)場合は指定施設において1年以上(又は2年以上)実務経験をすれば受験資格が得られます。また一般の4年制大学卒の場合でも、一定期間養成施設に通えば受験資格が得られます。他にも枠がありますが、例えば中学卒の場合でも実務経験が4年あれば、養成校に1年通って受験できます。ある程度受験資格が広い分野であるといえます。

社会福祉士の試験内容は13科目からなり、五肢択一のマークシート方式で午前と午後にわかれて行われます。合計150問が出題され、合格率は20〜25%程度となっています。

社会福祉士の試験

社会福祉士とは社会福祉業務に携わる人のこと。高齢者や障害者、生活困窮者など、日常生活を送るのに支障がある人たちの相談にのり、必要に応じて助言や援助する仕事である。

社会福祉士になるには福祉系の4年制大学に進み、受験資格を得るのが得策だが、他にも養成校や実務経験が考慮される等、受験資格はいろいろあり、門戸が広いといえる。比較的年齢が高くなっても試験を受ける人がいるようだ。

試験は年1回実施されていて、筆記試験のみ。マークシート方式で150問出題される。合格基準は全体の60%程度となっていて、合格率は20〜25%。社会福祉士になるのは決して平坦な道ではなさそうだ。