ケアマネージャーの試験について

ケアマネージャー試験対策

ケアマネージャー試験は毎年1回だけ実施されます。試験を受けるには5年間実務経験が必要ですが、医療系の国家資格を持っている人免除科目があるので有利でしょう。ただ現場で仕事をしながらの試験勉強というのはかなりたいへんなこと。内容もたくさんあるので効率よく学習していく必要があります。

ケアマネージャー試験対策として、いろいろな通信・通学講座があります。どこがいいかは資料を取り寄せたり、口コミや合格した先輩方に聞くのもいいでしょう。独学でも参考書と問題集でやれないことはないです。要はやる気の問題です。ケアマネージャーの試験対策に限りませんが、例としては、1冊の問題集を繰り返し反復学習していくのは一つの対策となるでしょう。問題集も本試験と同じような五肢複択・五肢択一方式になっているほうが学習しやすいです。またインターネット上でもケアマネージャー試験対策のサイトがありますので、そちらを見るのもオススメです。

試験は10月の下旬ですから気候もそれなりにまだ穏やかな時期。ケアマネージャーの試験は年々難易度があがっているという噂もあります。苦手分野があったらそれを克服して試験に臨みましょう。試験は全部で60問。3分野から構成されていて、各分野で得点がとれるほうがいいです。

ケアマネージャー試験あれこれ

ケアマネージャー試験を受ける人は毎年増えており、全国の過去の平均受験者数は11万人以上です。合格率は40〜30%ぐらいで年々難易度があがっているようです。介護保険制度が導入されてからケアマネージャーのニーズがのびており、高齢化社会に入っている日本では今後も注目される資格です。

ケアマネージャーの試験は全60問からなり、五肢複択・五肢択一方式の筆記試験です。科目は介護支援分野、介護支援分野、福祉サービス分野の3つ。問題数が少なく、専用のテキストがかなり分厚いものなので、試験対策としては効率のよさが求められます。今はいろいろな通信講座・通学講座がありますので参考書やテキストを基に、自分にあったものを見つけて利用するのがよいと思います。もちろん独学でもその気になれば合格は可能だと思います。