福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは、齢者や障害者に対して快適な住環境を提案するアドバイザーです。トイレや階段に使える手すりをつけること、部屋から部屋への移動において段差があったらそれをなくすといった、バリアフリー化をすすめていきます。つまり、福祉住環境コーディネーター身体が不自由な人の目から見た、住みよい安全な住環境を考えて実現させていく仕事なのです。

福祉住環境コーディネーターは日本の高齢化社会にともなって見直されている資格といえます。これから介護を必要とする人は多くなってきます。介護する側、される側双方にとって、バリアフリー化は当然必要になってくるでしょう。高齢者にとっても、障害のある人にとっても、ちょっとした工夫が住居になされると、それだけでも住みよいものとなり、負担が減るはずです。

福祉住環境コーディネーターの資格を得るには、3級から1級の試験があり、受験資格に制限はありません。福祉住環境コーディネーターをめざすなら、最低2級はとっておいたほうがよいです。

福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーターは、主に高齢者や身体障害者を対象として、住環境や福祉に関して、各種の専門職の人たちと連携を取りつつアドバイスをする仕事です。そのため、福祉住環境コーディネーターには、福祉・医療・建築はもとより、高齢者や身体障害者の身体や心理についての幅広い知識が求められます。

福祉住環境コーディネーター検定試験は、3級から1級まであり、年2回実施されています。福祉住環境コーディネーター検定試験の受験資格は特になく、だれでも受験することができます(ただし1級の受験は、2級に合格していることが条件です)。

福祉住環境コーディネーターは、今後さらに進むであろう高齢化社会の中で、その活躍が期待されている職種の一つと言えるでしょう。