保育士の学習

保育士の資格と通信教育

保育士とは、保育所などの児童福祉施設で子供たちの健やかな育成をサポートする仕事です。

保育士は従来、「保母さん」「保父さん」と呼ばれていたものですが、平成14年に男女問わず「保育士」という名称になりました。

保育士の資格は、平成15年から国家資格となりました。保育士の資格は、保育系の大学や短大・専門学校に進学し卒業することで取得する方法(=試験を受けないで取得できる)と、保育士資格試験を受験して合格することで取得する方法があります。

保育士試験の受験資格は、たとえば大学に2年以上在学して62単位以上履修した者等種々あり、保育と直接関係のない学部や学科を卒業した人でも受験できるようになっています。

保育士資格試験の受験資格がある人で効率的に試験に受かりたい人は、通信教育を利用するといいでしょう。現代はいろいろな通信教育がありますが、保育士資格についても例外ではありません。

通信教育の教材やカリキュラムは、保育系の大学や短大で数年かけて習得する専門的知識を約1年程度で効率的に学べるようになっています。

通信教育を活用すれば、現在就労している方や保育関係を専門的に学んでいない方も、日々の少ない勉強時間で必要な知識を効率的に習得していけるでしょう。

保育士の資格と通信教育

保育士とは国家資格の職業で、児童福祉施設などで保育に従事する専門職のことをいいます。

保育士の資格を取得するために、通信教育の活用を考慮してみるといいでしょう。

まずは保育系の大学や短大に在籍し、通信教育で所定の単位を取得して卒業すると同時に、保育士の資格を取得する方法。ただしその大学等に通信教育制度があるのが前提です。この場合、保育士資格試験の受験は不要となります。

次に保育系の大学・短大ではない大学等に在籍して、通信教育で「2年の在籍、62単位以上履修」をクリアし、保育士資格試験の受験資格を得る方法。この場合、学部は何でもいいわけですが、大学等での単位をとる勉強の他に、保育士資格試験を受験し合格するための勉強も別途必要になってきます。

ほかには、保育士資格試験の受験資格がすでにあって、各業者が提供する通信教育を選択する方法があります。この場合、合格のために効率的に学ぶため通信教育を活用することになります。ただし、この通信教育で「受験資格」が得られるわけではないことに注意しましょう。