教員免許について

教員免許について

教員免許とは、小学校、中学校、高等学校、盲・聾・養護学校、幼稚園の教員及び養護教員になる場合に必要な資格であり、各学校区分ごとの教員免許が必要(小学校の教員免許があっても、中学校の教員免許は別途必要)です。

さらに中学校及び高校の教員になる場合は、教科ごとに教員免許が必要です。

教員免許は、各都道府県の教育委員会から授与されます。

普通教員免許には、専修免許状(学位が修士)、一種免許状(学位が学士)、二種免許状(短期大学士の学位)とありますが、取得要件が異なるだけで、職務上の差異はありません。

教員免許を取得するには、大学等において学士の学位等を得るとともに、所定の教科・教職科目の単位を履修する必要があります。

普通教員免許は、日本国内全てに有効で、有効期限は特にもうけられてはいません。

教員免許について

教員免許は、教員になるのに必要な免許(資格)。教員免許を得るには、まず大学等で必要な学位と単位を取得する必要があります。

教員免許には、従来の正規教員のための普通免許、臨時教員のための臨時免許に加え、特別免許というものがあります。

特別(教員)免許は、教員免許状を有してなくても各分野の優れた知識経験や技能をもっている社会人等を対象に、都道府県教育委員会が授与する免許として新たに創設されました。

特別(教員)免許は、教育職員検定に合格することで授与されます。また特別(教員)免許は、各都道府県でのみ有効で、有効期限は特に設けられていません。

臨時(教員)免許は、臨時教員のための免許ですので、各都道府県でのみ有効、有効期限は3年(暫定処置で6年)とされています。