船舶免許

船舶免許とは

船舶免許とは、正式には「小型船舶操縦免許証」というもので、国土交通大臣が発行する国家資格です。船舶免許がなければ、モーターボートやヨット、水上オートバイに船長として乗ることはできません。

船舶免許の区分は、従来は1級から5級までありましたが、現在はボート・ヨット用の1級・2級、水上オートバイ用の「特殊」の3区分になっています。また小型船舶とは、総トン数20トン未満の船舶(20トン以上でも、1人で操縦する構造で長さが24m未満かつスポーツ・リクリエーション用の船舶も含む)のことをいいます。

○1級小型船舶免許(船舶操縦士免許)

小型船舶全て操縦可。沿岸80海里(約150km)以上の海域を航行する場合は、6級海技士(機関)以上の資格を持つ者の乗船必要。

○2級小型船舶免許

小型船舶全て操縦可。海岸5海里(約9km)までの海域を操縦可。18歳未満の場合、5トン未満に限定される。

○2級小型船舶免許(湖川小出力限定)

湖や川だけに利用する総トン数5トン未満、エンジン出力15キロワット未満の船舶の操縦可。

○特殊小型船舶免許

水上オートバイを操縦する時に必要。湖岸・海岸から2海里まで操縦可。

船舶免許について

船舶免許とは、海や湖や川などで、モーターボートやヨットなどを操縦する時に必要な免許で、国家資格です。

船舶免許を取得するには、小型船舶操縦士試験を受験する方法と、登録小型船舶教習所において一定期間講習を受講して取得する(国家試験の学科試験と実技試験が免除される)方法があります。

1級小型船舶免許の受験資格は17歳9ヶ月から、免許取得は18才以上です。

1級以外の小型船舶免許の受験資格は15歳9ヶ月から、免許取得は16歳以上です。ただし18歳未満の間は5トンまでの小型船舶操縦のみ可で、18歳になった時点で特に手続きなく5トン以上の小型船舶操縦可となります。

船舶免許を取得するための身体的要件は、すべてに共通で、

○視力が両目ともに0.6以上(眼鏡可)。片方が0.6未満の場合はもう片方が0.6以上で視野が左右150度以上あること。

○弁色力は、色盲または強度の色弱ではないこと。

○聴力は、両耳5m以上の距離で普通の大きさの声音が弁別できること。

○その他所定の合格基準を満たすこと

となっています。